バッテリーがないのに3Dプリンターで出力したパーツだけでスマホやPCを遠隔操作できるデバイスの作成に成功

34pt   2017-12-08 08:00
GIGAZINE

洗濯用洗剤を使おうと思ったら残りがもうほとんどない、など日用品がなくなり、ストックもないという状況は非常に困ったものです。Amazon Dash Buttonのようにワンボタンで指定のものを購入できるサービスやデバイスも存在しますが、大抵の場合はデバイスを使用するためにバッテリーが必要であり、充電が切れた際にバッテリーを充電し直したり電池が切れた際に取り替えたりするのが手間となってしまいます。そんな中、電子機器とつなぐことなく3Dプリンターで出力したパーツだけを使用して、Wi-Fi接続できるデバイスの作成にワシントン大学の研究グループが成功しています。

   なんでもあんてなトップページへ
の話題が沢山。