過労死した28歳男性「うおー!社会人になってから36時間ぶっ通しで働いたの初めてやがな」

3pt   2018-05-17 18:04
まとめスクランブル

135e4f0b-s.png

1: 名無しRWさん 2018/05/17(木) 16:30:30.62 0 納期が迫る仕事を抱え、7月上旬は4日午後1時~6日午前1時まで36時間連続で働くなど長時間労働が続いた。男性は6日未明、ツイッターに「うおー! やっとしごとおわったぁー!! 
社会人になってから36時間ぶっ通しで働いたの初めてやがな」と書き込んでいた。
その後体調を崩し、8月18日に都内の自宅で死亡しているのが見つかった。
死因はくも膜下出血だった。池袋労基署は、死亡前2カ月(6月12日~8月14日)の時間外労働を月平均87時間45分と認定。このうち7月11日までの1カ月は約136時間にのぼり、「業務による明らかな過重負荷」として労災認定した。
 川人弁護士は「裁量労働制の適用が徹夜勤務を招いた要因の一つ。過労死につながった可能性は高い」と話した。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7850961&name
   なんでもあんてなトップページへ
の話題が沢山。