パーソナルコンピュータの父アラン・ケイが選ぶ「プログラマー必読の古典本」とは?

307pt   2019-08-13 23:00
GIGAZINE

かつてのコンピューターは壁一面を占有するような巨大なもので、複数人で使用するのが当たり前でした。アラン・ケイ氏が提唱した「パーソナルコンピューター」の概念は、巨大なコンピューターを個人で使えるサイズにまで落とし込べきだという発想で、現代の「パソコン」を形作るものでした。そんなアラン・ケイ氏が「プログラマー全員が読むべき古典」を挙げていました。

   なんでもあんてなトップページへ
の話題が沢山。