【中央日報/社説】 韓日米、韓米の安保同盟を決して傷つけてはならない 

87pt   2019-08-26 11:35
ます速ch

1: 荒波φ ★ 2019/08/26(月) 09:26:32.52 ID:CAP_USER 北朝鮮が相次いでミサイルを発射する渦中に、韓国の安全保障の軸である韓日米協力、さらには韓米同盟まで崩壊する音が聞こえる。米国と日本の引き止めを取り払い、韓国政府が韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄を決めたためだ。GSOMIAはその有用性はさておき、韓米日の三角安保協力の強固さを象徴するリンクピンのような存在だった。このように重要な協約を、安全保障専門家の反対にもかかわらず、日本との葛藤のために廃棄したことは自害行為に等しい。

韓日米協力を盾に、北核威嚇はもちろん中国の膨張野心まで牽制(けんせい)するというのが米国の北東アジア安保構想だった。ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)とマーク・エスパー国防長官など、最近訪韓した米高位当局者全員がGSOMIAは維持すべきだと強調したのもこのような脈絡だ。それでも韓国政府は韓日米どの国にも決して役に立たないような決定を下した。米政府が「韓国」ではなく「文在寅(ムン・ジェイン)政権」と名指しして「GSOMIAを延長しないことに対し、強い懸念と失望を表明する」と、類例のない激しい反応を示したのも無理はない。

さらに呆れるのは、この過程で政府に虚偽疑惑が浮上しているという事実だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)側はGSOMIA廃棄に関連して、「終了決定を米国が理解している」と主張した。だが、米政府消息筋は「これは事実ではない」とし「ここ(駐米韓国大使館)とソウルで抗議した」と反論したという。同盟国間でこのような不快な雑音が出るという事実そのものがありえないことだ。このような状況が続けば、果たして米国が韓国を同盟国と感じるかどうかも疑問だ。最近の周辺状況を見渡すと、互いに信じ合って頼れる友邦は消えながら韓国だけますます孤立する構図だ。トランプ政府は安保問題でも、ともすれば金をもっと出せと言って急き立てる。韓国とともに自由民主主義体制を維持しながら各方面で手を取り合うことができる日本とは最悪の状況だ。

その上、北朝鮮は韓米合同演習が終了したにも関わらず、一昨日には超大型放射砲の実験を敢行した。

今年5月以降、9回目の飛翔体実験で、どれも380キロメートル以内に着弾した。射程距離から見ると、南側を狙った武器に違いない。

このように北朝鮮の脅威がますます高まっているにも関わらず、韓国政府は安保同盟を強化するどころか弱化させる様相だ。GSOMIA廃棄のようなことが続けば、米国の北東アジア安保構想が韓国を抜いた日米同盟を主軸にしたものに再編されるかもしれない。このような場合、専門家が警告してきた「新アチソンライン」を我々自ら引く格好になる。

韓国の「安保疎外」状況は避けなければならない。そのためには独島(トクド、日本名・竹島)領土守護訓練を実施しても、例年のように日本をいたずらに刺激しないように静かに実施する戦術が望ましい。自分たちの生命を守る最善の方策は強固な同盟体制だ。このためにはトランプ政府との信頼を回復する一方で、一日も早く日本との葛藤を解消する知恵が切実だ。


2019年08月26日09時16分
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7563469&name
   なんでもあんてなトップページへ
の話題が沢山。