マッハ5超で飛ぶ超音速機の2030年までの実用化を目指してしのぎを削っているのはアメリカと中国

37pt   2017-06-19 12:55
GIGAZINE

航空機がマッハ(音速)を超える速度で飛ぶためには多くの条件をクリアする必要があり、これまでにマッハ超えを果たした機体は超音速旅客機「コンコルド」を除けば世界各国の軍用機に限られている状態です。マッハ超えの際に生じる衝撃波による環境への悪影響や、高いコストなどで開発が限られてきた超音速航空機ですが、現在アメリカと中国がしのぎを削るようにその開発を進めているとのことです。

   なんでもあんてなトップページへ
の話題が沢山。

今日の人気エントリー

がんや糖尿病よりも精神障害になる可能性の方が高いと判明、「精神障害になりにくい人」は何が違うのか?
外国人「韓国人が日本海の名前を替えようと画策しているらしい」海外の反応→日本海を東海と呼ぶよう活動している韓国政府に外国人激怒
百田尚樹氏の本に釣られた韓国紙記者「植民主義を正当化する、典型的なパターンだ。」
【話題】SHELLY、体重を告白。世間の認識「女性は40kg台」に苦言「ウエスト58cmの人なんていない」
【マスゴミ】井上公造、在日メディアによる「報道しない自由」の下劣過ぎる圧力の実態をウッカリ喋ってしまう→こうやってテレビ局の忖度報道は作られるのかと話題にwww
【韓国の反応】韓国で消えていく古代の古墳群…破損され、土器が散らばって雑草まみれ…いったいどうすれば…→韓国人「日本を作ったのがウリナラだという証明のため復元しなければ」
【韓国の反応】日本のランドセルは貧富の差の象徴?いじめの原因?
上坂すみれの最新おっぱい画像
【中国】日本はむやみにスクランブル発進して緊張をあおっている!―中国軍事専門家
【マスゴミ】松本人志、フジテレビの酷すぎる言論弾圧の一部始終を大暴露→「本当やめてほしい!マイナスなニュースでも報道すべき!テレビが時代遅れになりネットに負ける…」